徒然の吐

学習塾Crescの塾長の、独断と偏見による独白。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ざっくり言うと

文化庁が国語に関する世論調査なるものを発表しましたね。

いろんな例が報道されてましたが、「本来の意味」が間違われてしまうことに問題があるのか
それとも、日本人の国語力自体が低下しているのか。

かなり昔の話しだけど、国語講師の早稲田大の学生が発した「全然大丈夫」という言葉に、当時の勤務先の塾長が
「それでは国語の授業を任せられんぞ」と一喝。

しかし、言われた本人は全く訳がわからずに困惑。なんてことがあった。

その頃から、自分も「あぁ、国語力が低下しているなぁ」と感じ始めていたので、今回の報告は非常に納得するし、残念だし。

言葉は「生き物」なので、時代によって変化していくことは自然だと思うが、だからといって本来の意味を失うことは決してプラスではないはず。

オリンピックの開催は素晴らしいが、「本当の日本」を理解し外国の方々に説明できると自信を持って迎えられるのだろうか?
それが出来なければ、「文化無き民」としか映らないのではないだろうか。

今回の調査結果は、日本人に大きな警鐘を与えていると考えるのは決して大げさなことではないんじゃない。

「味噌汁」という日本料理は知っていても、「煮干しで出汁を取る」という文化を知らないのでは、
「おもてなし」も何もあったものではないと思う。

あと7年、どれだけ日本を知り日本を愛せるか。オリンピックが良いきっかけになればと願う。
老若男女全員で、もう一度足下を見直そうよ。
「日本人であることを」
スポンサーサイト

別窓 | 塾長 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ホントですか  本当ですか | 徒然の吐 | 朝もはやから>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 徒然の吐 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。