徒然の吐

学習塾Crescの塾長の、独断と偏見による独白。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

いつもの冬らしく

この三連休は皆さんいかがお過ごしになられたのだろうか?

日本中が大寒波に襲われているというニュースが続いているが、もちろんここも。

とはいえ、冷静に捉えれば「やっといつもの冬らしくなった」程度のことだが。実際、今日もある方と話をしていたら
「この程度ならなんてことないわ。去年は12月に3回は雪下ろししたし」と平然とおっしゃる。

それでも、どの程度なのか一応報告がてらお写真をば掲載。

DSC_0002_20140114161300c41.jpg

家の前の道路。細いので除雪車が入らないため、轍の跡がくっきりと。この程度ならば、車の運転にはさほど困りはしない。

                   DSC_0001_20140114161257f5b.jpg

吹雪くとこんな感じ。これはまだ良かった方。ひどいときは、視界が200メートルあったかどうか。車のテールランプを追っかけて、時速20~30キロ程度でしか走れない。
この日は、所用で70キロ離れた実家に向かったのだが、通常なら15分ほどで着く隣町まで1時間かかってしまい慌てて高速に。さすがに高速は除雪が素晴らしい。でも、視界不良で50キロに速度制限されていたが。

                                      DSC_0003_20140114161303a08.jpg

実家に着いたら、こんな様子。(目の前が小学校のグラウンド)
青空がのぞいている。

日本は広いと言うが、新潟も広いわ。

今日14日はそれほど降っていないし、道路も除雪されているので交通に支障は出ていないが問題は「夜」

ブラックバーンに化けるので、つるつる。風なんぞ吹こうものなら、歩くのも困難。だって風に押されるだけで滑って転んでしまう位だもの。
もちろん車も同じ。風には関係なく、まぁ、見事に滑る。「スタッドレスタイヤ」は当然だし「ポンピングブレーキが基本だ」「『急』が着く動作は厳禁」などと理屈を言っても、滑るものは滑るんだから仕方がない。

去年も、信号の停止線を越えてしまったことが何度有ったことか。30キロ未満で走っていてもこうなることがある。

とにかく、「ゆっくり」「車間距離を十分に」が鉄則。ぶつけるのもぶつけられるのもやだもんね。

だから、県外ナンバーの車が近づくと怖いから逃げる。初心者マークの車も同様に逃げる。
怖さを知らないのか、加減がわからないのか、とにかく逃げる。(つまり、先に行かせる)

雪国の知恵です。
スポンサーサイト

別窓 | 塾長 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ガチャーン | 徒然の吐 | 平成の始まり>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 徒然の吐 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。