徒然の吐

学習塾Crescの塾長の、独断と偏見による独白。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ピアノ

小学校入学前に(母親に連れられて)ヤマハ音楽教室に通い始めたのがきっかけで親しむようになった音楽。
なぜ通い始めたのか、全く記憶にありません。そもそも、ピアノを習う(最初はグループレッスンでオルガンでしたが)男の子なんてのは当時は皆無に等しい。まして、新潟のはずれの田舎の町では、チョー貴重。
小学校に入学後は「ピアノの個人レッスン」に移行したけれど、そこの教室では覚えている限り男の子は私の他には二人しかいなかった。

練習は全くしない。強いて言えば、レッスンの日に先生の前で弾くのが唯一の練習だったと言ってもいいくらい。
そんな私を、やめさせもしないで続けさせてくれた先生に、今は感謝感謝です。

中学、高校とやめる機会はあったのに続けていたのは、なにか感じていたんだろうな。
特に中学に入ったときからお世話になった先生は、当時はまだ大学生で、レッスンと言うよりはお喋りに通ってたような、それでも「叱られた」ことも「やめなさい」と言われたことも一度もなかった。
一つ下の後輩の女の子と3人で一時間位ずっと話しをしていたこともあったな。

高校に入学が決まり、「下宿生活」となっても『ピアノを楽しめば良いんだから、続けたいならそれでも良いよ』と言ってもらい、甘えさせてもらった3年間。だって、下宿先にピアノは無いから、練習できないのはわかりきってたものね。
「上手くなるはずのない生徒」をよく受け入れてくれたなぁと、今思えば不思議。

高校に入学後、同級生でとても仲の良かったグループの子が実は同じ先生にレッスンを受けていたことがわかりビックリ。住んでるところが違ったんだからわかるわけもないわな。偶然は恐ろしい。
多感な時期。「オレはこのこと共通点があるんだぜ。おまえらとはちょっと違うよ」なんて優越感を抱いてたり。
もっとも、交際とかには全く進展せずに終わったが・・・・・・

高校2年の冬に、「大学どうする?音楽専攻するなら、レッスンの方法を変えるけど」と言って頂いたけれど、「音楽で飯は食えねぇよな」とあっさりと辞退(っていうか、そんな実力なんてそもそも無かったし)

それでも、高校3年の夏には「そろそろ最後になるから」と、ベートーベンの「月光」を渡されて数ヶ月かけて1楽章をなんとか弾けるようにしてもらって、終了と相成った。

自分が地元の大学に合格が決まったときはその先生はまだ在学中で、先の女の子と、後輩の子と3人でアパートに遊びに行って夕飯をご馳走になって。

ホント、他愛のないことばっかりだけど鮮明に記憶に残ってる。

ギターに狂い、バンドに狂い、ドラムを始め、ブラスバンドにはまり、地元のアマチュアのオーケストラに所属し、演奏することも聞くことも大好きでと、挙げたらきりがないほど人生に影響を与えてくれた音楽。

最近は、ゆっくりと浸る余裕もなくなってきたなぁ、と突然思い出した次第。

The CrusadersのピアニストJoe SampleのA RAINY DAY IN MONTEREYでも聴きながらまったりしよう。
スポンサーサイト

別窓 | 塾長 | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<おおみそか | 徒然の吐 | どっちが大事?>>

この記事のコメント

 思い出します。我が子のことを!
当時私の夢は、男の子でもピアノを・・と説得してヤマハの教室へ・・
ドアを開けた途端にげだした子、私はしぶしぶ諦めました。
今から40数年前のことでした。
2014-03-07 Fri 10:50 | URL | ゴッドばあさん #- [内容変更]
いやいや、それが正しい男の子の反応です。v-10
2014-03-07 Fri 11:04 | URL | 塾長 #- [内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 徒然の吐 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。